プロフィール

菊重精峰プロフィール

菊重 精峰(きくしげ せいほう)キクシゲセイホウ

 7歳より菊久精穂師に箏の手ほどきを受け1980年9月より人間国宝故菊原初子師に師事。
 初子師没後、菊原光治師に師事。胡弓を菊津木 昭師に師事。
1986年 3月 大阪音楽大学音楽学部器楽学科箏専攻を卒業。在学中、宮城曲を故須山知行師、中島警子師に師事。
1991年 1月 NHK邦楽オーディション合格
1992, 93,95, 2006, 09年 リサイタル開催
1993年12月 野川流三味線本手組歌及び古生田流箏組歌全曲修得巻伝授 
1997年10月 長谷検校記念第3回全国邦楽コンクールにて三味線部門1位、優秀賞受賞
2001年 ハワイ大学において菊原光治師、クリストファー遥盟氏らとともにコンサート出演。
2002年 6月 文化庁舞台芸術創作奨励国立劇場作曲コンクール入選(猿蟹昔物語)
2006年 6月 代表作「星空への想い」が(財)日本伝統文化振興財団の「新編 現代の筝曲CD」に収録されリリース
2007年 5月 (財)日本伝統文化振興財団よりDVD菊重精峰作品集を発売。
2009年11月 開軒25周年を記念し 第一回峰の会地歌箏曲演奏会を開催。以後毎年開催。
2014年12月 古典曲研鑽のため尺八の田辺頌山氏、箏の菊優紹古氏と結成した『音古風』(ねこのかぜ)の第一回を大阪、第二回を東京で開催後定期開催。グループの委嘱曲 『音古風』 を大阪、東京にて初演。
2015年 4月 藤原道山氏を特別ゲストにオリジナル曲を主とした春爛漫コンサートを開催。
2015年12月 国立劇場邦楽公演にて 『茶の湯音頭』 を演奏。
2017年 3月 紀尾井邦楽塾の委嘱により創作地歌「一杯」を作曲し、紀尾井小ホールにて初演。
このほか、オリジナルファーストCDアルバム 『星空への想い』 発売記念コンサートを1998年10月に行い、以降オリジナル曲や古典曲のライブを国内各地にて積極的に行う。
2000年から2010年まで年3回、同門の菊聖公一氏と 「浪花ともあれ地歌らいぶ」 を行い2004年と2010年には全国各地で公演開催。

現在、公益社団法人当道音楽会常務理事。現代邦楽作曲家連盟所属。関西邦楽作曲家協会会員。
八尾市三曲協会副会長。琴友会会員。峰の会主宰。美麗に編代表。音古風同人。
関西学院大学邦楽クラブ特別顧問。金光八尾高校・中学校邦楽部講師。
NHK教育テレビ 「にっぽんの芸能」 や FM 「邦楽のひととき」 などに度々出演。
大日本家庭音楽会より楽譜を出版し、作曲、弟子の育成、審査員、古典曲やオリジナル曲の演奏及び講習会など日本全国で活躍中。
今までに130曲を超える作曲をし、公刊譜は62曲を超え、現在も続けて制作中。
CDアルバムは「星空への想い」から今までに「REVOLUTION」・「あぷさる」・「聴き薬」・「アスリート」・「誓星」・「一丁一管」・「お山の恋話」・「おもむくままに」・「千鳥五重想」・「ブルームーン」の11枚。

(2017.3現在)



菊重精峰お問い合せ

よろしければ応援クリックお願いします。
菊重精峰のランキング

タグ : 琴友会 美麗に編 当道音楽会 関西邦楽作曲家協会

2010/06/01 11:11 | プロフィール  TOP

 | BLOG TOP |